なるぶろぐ

普通の女子高生が月収5万円を目指して突っ走っています!

人気急上昇中のピアノポップバンド【Official髭男dism】の魅力とは?これからの予想も!

こんにちは!女子高生ブロガーの成瀬です。

こちらの記事では、私の好きなバンドである
Official髭男dism」についてまとめてみました。



知らない方のために魅力を詰め込んだので、是非読んで頂けると嬉しいです☺︎

基本情報


Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム、と読みます)通称ヒゲダンは、2012年に島根県で結成されました。



この長いバンド名は「髭が似合う歳になっても誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という思いから付けられたそうです!


メンバー


藤原 聡(ふじはら さとし)
ボーカル、キーボード、作詞作曲


小笹 大輔(おざさ だいすけ)
ギター

楢崎 誠(ならざき まこと)
ベース、サックス


松浦 匡希 (まつうら まさき)
ドラム

人気になるまで

「関ジャム」への出演

人気が出始めた大きなきっかけは、音楽番組「関ジャム」で紹介されたことですね。



2018年3月の放送で「Tell Me Baby」をスタジオ初披露したことにより、Official髭男dismの曲の良さが世間的に広まり始めました。



Tell Me Babyは、ノリやすく多くの方が共感できる歌詞のため、ライブの定番曲です。


月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」主題歌


2018年4月、フジテレビ系月9ドラマの主題歌に、Official髭男dismの「ノーダウト」が抜擢され、ついに
メジャーデビューしました。


現在この曲はYouTube2000万再生越えというとても多い再生回数を記録しており、1年経った今でも伸び続けている曲です。

独特で耳に残りやすく、つい何度も聞きたくなるような曲なのも特徴ですね。


起爆剤となった「Pretender」

ここ数ヶ月で急激に人気が伸びた理由がこの曲「Pretender」です。街中で口ずさんでいる人がいて本当にびっくりしたのを覚えています。


こちらは映画コンフィデンスマンJPに引き続き髭男が抜擢され、主題歌になった曲です。

ビルボード(分からない方はこちら)はあいみょんマリーゴールド」の連続1位を食い止めての5連覇という素晴らしい記録。



合わせて映画コンフィデンスマンJPも動員ランキングの上位にランクインしていました。
続編も決まったようなのでこれからにも期待できますね



これからの予想【伸びる】


Official髭男dismは、まだまだ伸び代があると思います。

今や誰もが知るシンガーソングライターであるあいみょんは、これからの髭男の成長によく似た流れになると思います。

彼女は元々かなり人気がありましたが、紅白に出てからさらに幅広い年齢層から注目されました。
というのも、あいみょん」という名前だけであまり聞こうと思わなかった人が多かったのです。しかしその偏見は紅白での堂々とした歌声、多くの世代に響く歌詞によって忘れられ、今となっては国民誰もが知るシンガーソングライターです。

そしてOfficial髭男dismも同じように名前だけでコミックバンドだと勘違いされていましたが、映画主題歌などで多くの人の耳に届いたため人気が上がってきました。

この調子で紅白などの大きな歌番組に出場すれば、
日本を代表するようなバンドに成長するのではないでしょうか。

最後に

今年は武道館公演を終え、バンドフェスへの出演や冬のホールツアーを控えており、さらなる飛躍の年となるでしょう。

Official髭男dismの心に響く歌詞とまっすぐな歌声が多くの人に届くことを期待しています。


夏の高校野球応援ソング宿命