なるぶろぐ

普通の女子高生が月収5万円を目指して突っ走っています!

【友達付き合いを諦めない!!】高校生の賢い節約術

f:id:naruse_1:20190721222214p:image

 

こんにちは!女子高生ブロガー、成瀬です。

 

 

高校生のみなさん、お小遣いとバイト代で毎月やりくりをするのって大変ですよね。

 

高校生になると、友達付き合いやイベント、ファッションやメイクに気を遣いはじめてお金がすぐ無くなっちゃいますね…

 

特にバイト禁止の高校生の方は、数千円のお小遣いじゃ満足にお金を使えません。

 

 

私も、バイト禁止の現役女子高生です。

ちまちま節約しながら日々の生活を送っています。

 

そんな毎月もらえるお小遣い、バイト代を上手に節約する方法をまとめてみました。

 

金欠高校生のみなさんは、是非参考にしてみてください!

 

 

 

 

水筒を持参する

 

 

 

こんな小さなこと?と思われた方も多いでしょう。

 

例えば、自販機で毎日150円のペットボトルを買うとします。

 

1ヶ月の登校日が20日とすると1ヶ月で3000円、1年で36000円にもなります。

 

 

対して、毎日水筒にお茶や水を入れていけばほぼ0円です!

水道代までお小遣いで払っている方は少ないと思うので、0円ということにします。

 

 

朝に水筒を準備するほんの少しの手間だけで、1年で36000円得することができますね。

 

 

 

休日の遊びの約束は昼食後

 

 

これ、実はかなり重要です。

 

 

午前中から遊ぶと、昼ごはんを食べますね。

昼ごはん代は外食だと1000円前後ですかね。

 

高校生の財布にはかなり痛いです…

 

そこで私が思いついたのがこの方法です!

 

昼ごはんを食べてから遊べば、その1000円が節約できますね。

 

 

友達との誘いを断らずに節約できる、とてもいい方法だと思います!

 

 

f:id:naruse_1:20190721222333j:image

 

 

 

学割を有効活用する

 

 

学割は、金欠の高校生にとってすごくありがたいです!

 

 

カラオケやボーリング、映画館は特によく行きますし、割引率も大きいので学生証を忘れずに持ち歩きましょう。

 

こんなこと言ってる私ですが、よく家に忘れます笑

 

 

あまり知られていない学割が「美容院」です。

 

特にホットペッパービューティーを使うと、美容院の元々の価格よりさらに安くなります!

 

美容院代を自分で払っている方はぜひチェックしてみてください!

 

 

 

最後に

 

 

高校生向けの節約方法についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

 

 

高校生の節約は、大学生や社会人の方に比べるととても難しいです。

 

 

自分でお金を稼ぐ方法が限られている高校生は、こつこつと身近なところから節約していくのがポイントです。

 

金欠の高校生の方、将来のために貯金をしようと思っている方は参考にしてみてください!