なるぶろぐ

普通の女子高生が月収5万円を目指して突っ走っています!

【中学生・高校生へ】夏休みの昼夜逆転から脱却する、たった1つの方法【超・簡単】


こんにちは!女子高生ブロガー、成瀬です。

お盆が過ぎると、本格的に夏休みの終わりが近づいてきますね。

夏休みの醍醐味とも言えますが、学校に行かなくても良いので昼夜逆転生活になりがちです。
一度なると、戻すのは大変ですよね。

私も中学校の頃の休み明けは、朝起きるのが大変でした…


そこで私がいつも使っている、昼夜逆転から抜け出す方法をご紹介します。


とてもシンプルで、なおかつ確実な方法です!
昼夜逆転生活で悩んでいる方は実践してみてください◎


翌日の夜まで寝ずに、健康的な時間に寝る

いつも寝ている時間にそのまま寝てしまいそうになりますが、そのまま夜の寝たい時間(ここは個人に任せます)まで寝ずに耐えます。


気合と根性があればどうにかなりますが、この2つをどうにかするのが最も大変ですね…



ということで、私が編み出した成功させるためのコツもご紹介します!


成功させるコツ

昼寝をしない


当然といえば当然ですが、24時間以上起きているので日中眠くなります。


しかしここで寝てしまうとまた夜に眠れなくなってしまい、実行した意味がなくなってしまいます。


眠くなったら運動やゲームをして気を紛らわしたり、カフェインの多いエナジードリンクを飲むなどの対策が必要です。


寝ない日に一日中予定を入れておく


1日中何も予定がないと、つい微睡んでしまい寝てしまう可能性が高いです。

友達とスポーツをしたりカラオケに行ったり、眠気を忘れるくらいに楽しみましょう。


どうしても予定の合う友達がいない場合は、私の場合はオンライン対戦のゲームをすることで気を紛らわしています。


日光に当たる


朝に日光に当たると、眠気を感じる原因である「メラトニン」の分泌を抑えることが出来ます!


昼に一気に日光を浴びて、眠気やだるさを感じる方も多いですよね。

なので、朝の日光が強くないうちに浴びておくのが適当でしょう。

最後に


昼夜逆転から脱却する方法、コツを紹介しました。
読んで頂いた方の参考にになっていれば幸いです!

ここまで書きましたが、皆さんお気づきの通り長期休みにも生活リズムを崩さず早寝早起きをするのが1番です…


皆さんも、私と一緒に生活リズムを崩さないように頑張りましょう!笑